イオンモバイルはどんな人におすすめ?料金や評判メリット・デメリットを調査

格安SIM

イオンモバイルは最安値のプランだと、なんと月額480円から利用できる格安スマホです。

子供やシニア層をターゲットにしていましたが、ここ最近は20代~30代の契約者も増えています。

全国200店舗のAEON(イオン)で取り扱いがあるのも強みの一つ。

「イオンにスマホ売り場があるのは知ってるけど、周りでイオンモバイルを使っている人がいないからどんな特徴があるのか分からない…」

「契約したらどんなメリットがある?良いところだけじゃなく悪いところも知りたい」

という人も多いはず。

この記事ではイオンモバイルの基本情報、契約するメリットデメリット、評判などを解説していきます。

 

イオンモバイルの2つの特徴

イオンモバイルの最大の魅力は「月額480円~という料金の安さ」と「近くのイオンで受けられる手厚いサポート」です。

イオンモバイルは株式会社イオンが2016年にはじめたスマホ事業で、auとドコモの回線を借りて運営しているMVNO(格安スマホ)。

販売やサポートもすべてイオンが行い、契約手続きもすべてイオンの店舗で完結します。

また、電話やチャットで自宅から問い合わせることも可能。

「え、本当に毎月480円~でスマホが使えるの?」

「乗り換えのサポートをしてくれるなら早速変えたいな!」

と思うかもしれませんが、安いだけに大手の3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)にはなかったデメリットもあるんです。

まず初めにイオンモバイルを「おすすめできる人とできない人の特徴」をそれぞれまとめました。

 

イオンモバイルはこんな人におすすめ!

  • とにかく安く使えればいい
  • 自宅や会社にWi-Fiがある
  • 通信速度が遅くなっても気にしない
  • イオンによく行く

イオンモバイルは必要なデータ容量が少なければ基本料金も安く済みます。

また、サポートに力を入れているため店舗でしっかりと対応してもらいたい人に向いています。

小学生の子供やおじいちゃん、おばあちゃんに買ってあげたいという人、これから格安SIMデビューする人におすすめです。

いつでも解約できて縛りもなし、解約金もかからないので安心してください。

 

イオンモバイルがオススメできない人

  • 自宅にWi-Fiがない
  • 通信速度が遅くなるのが嫌だ
  • 高画質動画をたくさん見る
  • 地図(マップ)をたくさん使う
  • アプリゲームを毎日する

上記に当てはまる人はイオンモバイルはおすすめしません。

イオンモバイルは他社(auとドコモ)の回線を借りているため、時間によっては通信速度が遅くなり、読み込めない場合があるからです。

ネット通信の速さを重視している人には向いていない格安SIMです。

YouTubeやSNS、スマホゲームをサクサク使いたい人はUQmobileやY!mobileが向いています。

>>【格安SIMで最速】UQmobileの調査結果

>>【安定のSoftbank回線】Y!mobileの調査結果

※イオンモバイルはクレジットカードでしか支払いができないため、クレジットカードを持っていない人も契約することができません。

では、次にイオンモバイルの料金を確認していきますね。

 

イオンモバイルの料金プランは大きく分けて3種類

イオンモバイルの料金プランはとても分かりやすいです。大きく3種類があり、必要なデータ容量(GB)によって料金が変わってきます。

3種類のプランの違いをまとめました。

音声プラン 電話・インターネット・SMS(ショートメッセージサービス)ができる王道のプラン
データプラン 電話とSMSはできない、インターネットのみ使えるプラン(月額140円プラスすればSMSが使える)
シェア音声プラン 家族で乗り換える、2台目以降のスマホやタブレット向きのプラン

電話とインターネットができる【音声プラン】が定番のプランです。

具体的な料金を確認していきましょう。

 

プランごとのデータと料金

イオンモバイルの料金プランは、選べるデータ数が多く細かいプランに分けられています。

音声プラン データプラン シェア音声プラン
500M 1,130 
1G 1,280 480
2G 1,380 780
4G 1,580 980 1,780
6G 1,980 1,480 2,280
8G 2,680 1,980 2,980
12G 3,280 2,680 3,580
20G 4,680 3,980 4,980
30G 5,680 4,980 5,980
40G 6,980 6,480 7,280
50G 8,980 8,480 9,280

単位:円

イオンモバイルで一番安いのが月額480円のプラン。

はじめから最安値の480円プランを狙っている人も多いはず。

 

480円プランの落とし穴

スマホが月額480円で使えるのはとても魅力的ですが注意点もあります。

  • 電話番号が使えない
  • SMS(ショートメッセージサービス)が使えない

つまりネット通信しかできないということになります。SMSはアプリの登録をする際必要になることも多いです。

データ容量も1Gしかないため、サイトの閲覧をするにも残りのデータ量に気を付けないといけません。

月額480円プランはできることが限られるので注意してくださいね。

 

480円プランが向いている人

  • Wi-Fi環境でスマホを利用できる人
  • LINEのやり取りが多い人
  • 電話をほぼしない人

480円プランは「スマホを最低限のことにしか使わない人」に向いています。

月額480円と聞くと、かなり安く感じますが通話が必要で毎月20ギガ以上使う人は結局4,000円以上はかかってしまいます…。

データ容量が多いプランだと大手キャリアと料金はほぼ変わりませんね。

 

イオンモバイルの3つのメリット

イオンモバイルのメリットを3つ紹介します。

  1. 一週間の無料お試しサービスがある
  2. 解約金なし(2年縛りなし)
  3. イオン電話アプリを使えば通話料半額

契約する前にイオンモバイルのサービスや注意点をしっかりと確認しておきましょう。

 

1.一週間の無料お試しサービスがある

イオンモバイルには無料で一週間端末を貸してくれるサービスがあります。

自分の自宅や職場、学校などでしっかりとネット通信できるのかお試しができるということです。

20歳以上の人に限りますが、イオンで端末の貸し出しをしています。

端末は【arrows M03】。ネット通信のみ可能(通話はできない)という条件はありますが、普段の通信速度がどのくらいか契約する前に確認できるのは安心ですね。

 

2.解約金なし(2年縛りなし)

イオンモバイルは解約金や契約期間がありません。その為いつでも解約が可能です。

大手キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)は2年間の契約期間があり、更新月に解約をしないと約1万円の解約金が取られます。

他の格安SIM業者でも、2年間縛りがあるところがほとんどです。

でも、イオンモバイルなら「解約金がゼロ円!」いつでも機種変更や解約ができます。

 

3.イオン電話アプリを使えば通話料半額

通常の通話量は30秒につき20円かかります。

しかし、イオン電話アプリを使えば30秒10円で電話をかけることができます。

アプリをダウンロードするだけでもちろん番号はそのまま!

「LINEの無料でんわ使うし、別に必要ない」という人もいるかもしれませんが、LINEの電話はLINEでお友達になっている人しかできません。固定電話にはかけられませんよね。

また、ネット回線を利用しているので音質が途切れることもあります。

イオン電話アプリは、電話回線を使用しています。音質も快適ですし国際電話も可能です。

 

イオンモバイルの3つのデメリット

メリットだけでなくデメリットも3つまとめました。

  1. 支払い方法はクレジットカードのみ
  2. 通信速度は速いとは言えない(昼が繋がりにくい)
  3. 電話のかけ放題は有料

デメリットはどの格安スマホにもあることですが、知らないで契約してしまうと大変です。しっかりと確認しておきましょう。

 

1.支払い方法はクレジットカードのみ

イオンモバイルの月々の支払いはクレジット払いしかできません。

口座振替やコンビニ支払いは対応していないので気をつけましょう

利用可能なクレジットカードは以下の4種類。

  • イオンカード
  • VISAカード
  • マスターカード
  • JCBカード

契約者本人名義のカードでなくてもOKです。決済日は翌月の13~15日です。

格安SIMの場合は他の業者もほとんどがクレジットカード決済となります。

 

2.通信速度は速いとは言えない(昼が繋がりにくい)

イオンモバイルは、auとドコモの回線を借りて運営をしています。

そのためネット回線が混雑する時間帯はどうしても繋がりにくくなります。お昼休みや夜は通信速度に制限がかけれらてしまうんです。

なかなか読み込みが進まずイライラしてしまう人も多いようです。

  • アプリのゲームができない
  • マップが開かない
  • サイトがなかなか読み込めない

もし通信速度が不安なら、契約する前に「一週間無料貸出サービス」を利用してみてください。

日ごろからWi-Fiにつなぐことが多い人は速度の心配は必要ありませんが、直接ネットを使う人は注意しましょう。

 

3.電話のかけ放題は有料

通常の料金プランには通話し放題は付いていません。

電話をたくさんする人は、通話し放題のプランを別途申し込む必要があります。

電話のかけ放題には2種類のプランがあります。

プラン名 特徴
10分かけ放題

  • 月額850円
  • 1回10分の電話はかけ放題
  • 固定電話・携帯電話どちらでもOK
  • イオンでんわアプリが必要
050かけ放題

  • 月額1,500円
  • 電話は24時間いつでも国内かけ放題
  • 050から始まる番号がもらえる
  • 1つの携帯で2つの番号が持てる
  • イオンでんわアプリが必要

かけ放題といっても、110番・119番・118番への通話はできません。

イオンモバイルの公式サイトで注意点を確認するようにしてください。

イオンモバイルの口コミ・評判・体験談を調査してみました

イオンモバイルを使っている人の口コミや評判を集めてみました。

  • 友人に勧められ加入しました。トラブルもなく普通に使えています。イオンで買い物ついでに相談できるので便利です。料金プランも豊富で安いです。

 

  • イオンの店舗内に契約できるコーナーがあるので店員さんに相談しながら選ぶことができました。しっかり説明してもらい納得して契約することができました。

 

  • 個人的にはネットもサクサクつながるが、人によっては遅く感じイライラするみたいです。かけ放題はないけどLINE電話を使えば問題なし。

 

  • 毎月の使用料金は安くなりましたが、昼と夕方の通信速度が遅く感じます。店員の接客態度も悪い。

 

  • 安さを最優先に考えている人にはいいかもしれません。でも自宅や職場にWi-Fi環境が整っていないときついかも。ギガの多いプランは結局値段が高いです。

 

  • イオンモバイル昼の通信速度遅すぎ!高校野球見たいけど見れない

 

みんなの口コミや評判からわかること

利用者の声を確認してみると、イオンモバイルはとにかく料金が安くて満足している人が多いことがわかりました。

あまりネット通信しない人なら、月額2,000円以下のプランでもまったく問題ありません。

ただ、スマホで動画を見たりネット検索をよく使う人は、高いプランを選ばないといけないので結局4,000円~9,000円ほどかかってしまいます。

それから、気になるのが通信速度ですね。

口コミでもありましたが、イオンモバイルは他社の回線を借りているので昼や夕方の通信速度が遅くなってしまいます。

イオンモバイルは格安SIMなので料金が抑えられることは嬉しいですが、その分我慢しないといけないところもあるので注意しましょう。

まとめ

イオンモバイルは格安SIM初心者でも安心して契約できる

イオンモバイルはスマホにあまり詳しくない人でも安心して契約できます。

その理由は店舗での接客対応に力を入れていて、しっかりとしたサポートが受けられるからです。

また、イオンモバイルには「1週間無料で試せる」という嬉しいサービスがあるので、契約が不安な人は一度店舗に行って相談するのもありです。

「通信速度が遅くなるのは絶対にムリ!」

という人はUQmobileやY!mobileの方が向いているはず。じっくり検討してあなたに合った格安SIMを選んでみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました