J:COMモバイルの評判は?メリット・デメリット・料金プランについて徹底調査!

格安SIM

ケーブルテレビを中心にインターネット、固定電話などのサービスを行っているJ:COM(ジェイコム)。

そのJ:COMが運営しているスマホ事業が【J:COMモバイル】です。

「J:COMモバイルってどんな格安SIM?」

「使っている人が周りにいないけど乗り換えるとどのくらいお得?」

「今、J:COMのケーブルテレビを契約してるけど安くなるの?」

J:COMモバイルはMVNOと言われる格安SIM。

どのような特徴があって、メリットやデメリットは何か、どんな人が乗り換えるべきか解説していきます。

あなたに合った格安SIMなのか是非、参考にしてみてくださいね。

 

J:COMモバイルの特徴

J:COMモバイルの運営元は、株式会社ジュピターテレコムという設立20年以上の会社です。テレビCMでもおなじみですね。

現在は株式会社KDDIの子会社で、以下7つの事業を行っています。

  • J:COM TV
  • J:COM NET
  • J:COM PHONE
  • J:COM MOBILE
  • J:COM 電力
  • J:COM ガス
  • J:COM HOME

このうち【J:COM TV】か【J:COM NET】を現在使用している人は、J:COMモバイルに乗り換えると、端末代が割引になるのでとてもお得です。

しかし、はっきり言ってしまうと現在J:COMのサービスを使っていない人にとっては特にメリットはありません。

魅力的な格安SIMは他にもたくさんあるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

>>速度を優先したい人は【UQモバイル】

>>楽天カードを持っている人なら【楽天モバイル】

では、J:COMモバイルへ乗り換えると、どんなメリット・デメリットがあるのかまとめていきますね。

 

J:COMモバイルの5つのメリット

J:COMモバイルに変更すると5つのメリットがあります。

  1. 対象のアプリを使えば動画や音楽を消費データ0で使える
  2. iPhone7や人気の機種が使える
  3. 初期設定をやってもらえる
  4. 無料Wi-Fiスポットが使える
  5. テザリングが無料で使える

1つずつ詳しく解説していきます。

 

1.対象のアプリを使えば動画・音楽が消費データ0で使える

データ通信料0で動画や音楽が楽しめるサービスがあります。

対象アプリは3つ。

  1. J:COMミュージック
  2. J:COMオンデマンド
  3. J:COMブックス

どれだけ音楽や動画を視聴してもデータ消費ゼロで使い放題なのが凄い…。日頃からたくさん動画や音楽を聴く人には嬉しいサービスですね。

ただし注意点は2つあり、1つ目はスマホセットで契約しなければいけない点。

2つ目は、上記3つのアプリは月額500円~の有料になる点です。

 

2.iPhone7や人気の機種が使える

J:COMモバイルに切り替えると同時に、スマホ本体も購入することをオススメします。

理由は、SIMと一緒に本体を購入することで特典や割引が受けられたり、通信料ゼロで音楽や動画が視聴できるようになるからです。

J:COMモバイルには人気の機種が揃っています。

  • iPhone7
  • GalaxyA30
  • HAUWEIP20Lite
  • BASIO3

【J:COMTV】や【J:COMNET】を使っている人は毎月割引になるので、iPhone7を同時に購入しても、毎月のケータイ料金は1980円~使えます。

 

3.初期設定は無料でやってもらえる

自宅までJ:COMのスタッフが来て、初期設定やLINEの設定、分からないことはすべてサポートしてくれます。

自宅にSIMとスマホが届いても「設定が難しくて分からないんだけど…」という人は、ぜひサポートを利用してみましょう。

電話番号をそのまま引き継ぎたい人は「MNP回線切り替え」をしないといけませんが、こういった手続きも、すべてスタッフが教えてくれます。

メールや電話でも対応してくれますが、直接教えてもらえるのは安心感がありますよね。

※もちろんすべて無料です。

 

4.無料Wi-Fiスポットが使える

スマホとセットで契約した人は街中にある公衆無線LANサービス「Wi2 300」を無料で利用できます。通常は月額362円の有料サービスなのでお得です。

首都圏の主要駅ならほぼ利用することができますし、ショッピングセンター、全国のカフェやレストラン、駅など6万か所にスポットがあります。

最近では美容室や車のディーラーなど小さな店でも使えるお店が増えています。

主要都市ならほとんどWi-Fiに困らないでしょう。

 

5.テザリングが無料で使える

格安SIMの場合、テザリングはオプションで有料なのがほとんど。なので、無料でテザリングができるのはとても珍しいです。

パソコンやゲーム機、タブレットなどに繋ぐことができます。

Wi-Fi環境がないところでも、スマホがあればネットに接続できるようになります。

 

J:COMモバイルの5つのデメリット

J:COMモバイルのデメリットは以下の5つです。

  1. J:COMのサービスエリア外だと契約できない
  2. 通信速度が遅い
  3. 選べる端末が少ない
  4. 支払い方法はクレジットカードのみ
  5. 機種の購入は48回払いか一括払いのみ

1つずつ確認していきます。

 

1.J:COMのサービスエリア外だと契約できない

J:COMモバイルはネットから簡単に申し込みができますが、一番はじめに現住所の確認をされます。

これは「J:COMのサービスのエリア内かどうか」を確認するためです。

対応できる地域は大きく5つのエリアに分けられています。

  • 札幌エリア(札幌)
  • 仙台エリア(仙台)
  • 関東エリア(群馬・茨城・東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 関西エリア(大阪・和歌山・京都・兵庫)
  • 西日本エリア(福岡・山口・熊本)

同じ県内でも地域によっては利用できない場所もあるので注意が必要です。

総世帯の約1383万をカバーしていますが、エリア外の人はそもそも申し込むことができません。

 

2.通信速度が遅い

J:COMモバイルの通信速度は口コミでもあまり評判が良くないです。

住んでいる場所、スマホを使用する時間帯によっても速度は変わるので一概にはいえませんが、スマホで調べ物をしたりマップなどのアプリを使いたい人はイライラいしてしまうかもしれません。

対策としては、無料のWi-Fiスポットをうまく利用するか、自宅に固定のWi-Fiを設置して通信速度を安定させるのがいいでしょう。

でも、LINEやメールしか使わない人は普通に使えるので問題ないでしょう。

 

3.選べるスマホ端末が少ない

J:COMモバイルはスマホとセットで購入すると割引されてお得ですが、そもそも選べる機種が4種類と少ないです。

たとえば楽天モバイルなら25種類から選べるので、比較すると大きな差がありますね。

あまり端末にこだわりがない人はいいかもしれませんが、最新機種がいい人や使いたい機種がある人には向いていません。

>>【選べる機種が多い】楽天モバイルをチェックしてみる

 

4.支払い方法がクレジットカードのみ

J:COMモバイルでは支払い方法はクレジットカード払いしか選べないため、カードを持っていない人は契約することができません。

格安SIM業界ではクレジットカード払いが一般的です。

しかし最近では、支払い方法も選べる業者が増えてきています。

Y!mobileなら口座振替が利用できますし、楽天モバイルなら楽天ポイントで支払いも可能です。

クレジットカードを持っていない人でも格安SIMにすることができますよ。

 

>>Y!mobileの特徴や評判をチェックしてみる

>>楽天モバイルの特徴や評判をチェックしてみる

 

5.機種の支払いは48回払いか一括払いのみ

スマホ本体と一緒に購入することで、色々なサービスを受けられるJ:COMモバイルですが、本体は48回払いか一括払いのみです。

48回払いというのは、要するに実質4年払い。

J:COMモバイルは基本的に2年の長期継続が条件で、契約した後23ヶ月目~24ヶ月目がちょうど更新月に該当します。

更新月に解約をすれば解約料はかかりませんが、それ以外の月に解約をすると8,500円の解約料が取られてしまいます。(0.5Gプランの人は4,800円)

月々の料金が安くなる代わりに、長期契約が条件になるので気を付けましょう。

 

J:COMモバイルの料金プランを徹底解説

次にJ:COMの料金プランについて説明します。

まず、今使っているスマホをそのまま使いたい人向けの「SIMカードのみ購入した人」と「機種も同時に購入して使う人」に分けて解説していきます。

 

SIMカードのみ購入して使う場合

今使っているスマホをそのまま使いたい人向けのプランです。

でも、選べるデータ容量は最大でも10Gなのでちょっと少ない印象。

あなたに必要なデータ容量に応じてプランを選びましょう。

データ容量 音声+データ通信 データ通信のみ
3G 1,600円 900円
5G 2,100円 1,400円
7G 2,600円 1,900円
10G 3,100円 2,400円

自分の使っている携帯電話がJ:COMモバイルに対応しているのか気になる人は、直接J:COMへ問い合わせて確認してみましょう。

この料金は他の格安SIMと比べると同じくらいなので、特に高いわけではありません。

SIMカードのみの契約ではdocomo回線を借りて通信ができるようになっていますが、速度は速いとは言えません。

 

スマホを購入しセットで使う場合

長期契約タイプと標準契約タイプの2種類から選ぶことができます。

  • 長期契約タイプ…年間の継続が条件だが、月々の料金が安くなる
  • 標準契約タイプ…利用期間に条件はないが、長期契約タイプより割高になる
データ容量 長期契約タイプ 標準契約タイプ
0.5G 980円 1,380円
3G 2,980円 3,680円
5G 3,980円 4,680円
7G 4,980円 5,680円
10G 5,980円 6,680円

スマホとセットで契約した場合はau回線になります。docomo回線よりも速度は安定していると言われています。

基本料金に端末代金が上乗せされますが、2つの割引が適用されるため上記の基本料金より安くなることがあります。

たとえば、GalaxyA30の端末を購入し、長期契約の3Gのプランで契約すると月々の支払いは12か月間2,180円。

人それぞれ条件は違うのでJ:COMモバイルの公式サイトで料金のシミュレーションを一度やってみてください。

 

 

J:COMモバイルはオプションプランも豊富

J:COMモバイルには、オプションが多く用意されているのも特徴です。

「もしスマホが壊れちゃった場合はどうするの?」

「子供用に持たせるためネットの通信を制限したい」

「通話をよく使うけど割高にならない?」

J:COMモバイルには無料と有料のオプションがあるので、不安なことがあれば、あなたに必要なオプションを追加するのがオススメ。

  • かけ放題サービス(月額850円)
  • 端末補償サービス(月額500円)
  • SMS機能
  • 着信転送サービス
  • ボイスメール
  • 留守番電話サービス(月額300円)
  • 迷惑電話撃退サービス(月額100円)
  • 有害サイトフィルタリングサービス
  • セキュリティサービス

複雑でいまいち分からない場合は、訪問サービスですべて設定してもらうことも可能です。

 

J:COMモバイルの口コミ・評判を調査してみた

J:COMモバイルを使っている人の口コミや体験談を集めてみました。

  • 通話の音が途切れてよく聞こえない。
  • 12時から13時の間が特に繋がりにくい、動画の再生は厳しい。
  • 全然不満はありません。常にWi-Fiがあるし遅くても関係ない。
  • マイナーだからこそお得で満足しています。
  • LINEもフリーズするしメールも届かない。サポートに聞いても無駄。

賛否両論ありますね。

通信速度に関しては、あまり期待せずWi-Fiを利用したほうがいいでしょう。

引っ越しや旅行でJ:COMモバイルがカバーできるエリアの外に出る場合は注意しましょう。

 

まとめ

J:COMユーザーのみオススメの格安SIM

J:COMモバイルは、現在J:COMのサービスを使っている人にオススメの格安SIMです。

スマホとセットで購入すると月々の料金は割引され安くなりますが、2年間ごとの契約更新があるので注意しましょう。

今【J:COM TV】や【J:COM NET】を使っていない人にとってはメリットはないため、他の格安SIMの検討するのが良さそうです。

>>J:COMモバイル公式HPへ

タイトルとURLをコピーしました