JPWiMAXの評判は?契約前に知っておくべきメリット・デメリット総まとめ

WiMAX

最近、ネット上で「おすすめのWiMAX」として多数紹介されている【JPWiMAX】。

テレビCMや広告はほとんどしていない為、初めて聞いた人も多いかもしれませんね。

JPWiMAXは2018年にサービスを開始したばかりの新しいWIMAXです。

業界初の新しいキャンペーンを打ち出し、月々の料金も他社と比べると圧倒的にお得なWIMAXということで注目され、契約数もグングン伸びているようです。

でも、新しいモノだからこそ契約する前に評判を確認しておくことは大事ですよね。

この記事ではJPWiMAXの特徴や基本情報、デメリットやメリット、評判などをまとめています。

 

JPWiMAXとは?運営会社に注目

JPWiMAX(ジェーピーワイマックス)とは、20社以上あるプロバイダ(WiMAX代理店)の中でも新しく、かなり注目されているモバイルWi-Fiです。

運営会社は「フォン・ジャパン株式会社」。

聞いたことがない人も多いはずですが「FON」という世界150ヵ国(2000万カ所)の公衆無線LANやWi-Fi事業を展開している会社の日本法人です。

世界で活躍していて実績もある会社が始めたサービスなので、信用度も高く安心して使うことができます。

 

JPWiMAXのエリアや通信速度は他社と一緒

すべてのWIMAXの大元はUQWiMAXですが、JPWiMAXも同様に、UQWiMAXの提供する回線を借りて運営しています。

そのため、JPWiMAXのエリアや通信速度はUQWiMAXとまったく同じ。もちろん他社のWiMAXもすべて一緒なんです。

契約時、最新の端末を選べば最大速度(下り)867Mbpsの速さが出るため高速ネット通信が可能です。

速さやエリアは問題ないことがわかりましたが、良いことばかりではありません。

契約する前に知っておいた方がいいJPWiMAXのデメリット(悪い点)を4つまとめました。

 

JPWiMAXの4つのデメリット

JPWiMAXのデメリットは4つあります。

  1. 端末が届くまで時間がかかる
  2. 更新月以外の解約は違約金が高い
  3. 2年以内の解約は端末を返却しなければいけない
  4. 支払いはクレジットカードのみ

それぞれ詳しくまとめていきますね。

 

1.端末が届くまで時間がかかる

JPWiMAXの口コミを調査して多く見つかったのが「なかなか端末が届かない」という声。

契約数が伸びているのは良いことなのですが、発送が間に合っていないようです。

公式サイトには「即日発送」と書いてありますが、実際は1ヶ月以上も待たされることがあります。

「〇日後に発送します」という連絡があればまだ良いですが、自分から問い合わせをしないといつ頃発送してくれるのかわかりません。

すぐにでもJPWiMAXを使いたい人は、契約前にいつ頃届くのか問い合わせて確認する必要があります。

 

2.更新月以外の解約は違約金が高い

JPWiMAXは3年契約で更新月は37ヶ月目です。

更新月以外で解約するには違約金がかかるのですが、それが高いです。

1年未満 30,000円
1年~3年 25,000円
更新月 0円
それ以降 9,500円

他社でも3年未満の解約は違約金が発生しますが、2万円以内がほとんど。

JPWiMAXは違約金が高いので、できれば3年使う前提で契約するといいでしょう。

 

3.2年以内の解約は端末を返却しなければいけない

契約して24ヶ月目まではレンタル端末の扱いになっているため、2年以内の解約は端末も返却しないといけません。

もし返却しない場合は、1,600円×契約月残数の端末違約金が発生します。

24ヵ月以上使えば、端末は返却する必要はなく端末違約金も掛かりません。

とにかく一度契約すると「3年間は解約できない」と考えた方が良いかもしれませんね。

解約金だけでも高額なのに、端末違約金まで掛かってしまうのは大きなデメリットといえます。

 

4.支払いはクレジットカードのみ

JPWiMAXの支払いは、クレジットカード決済のみです。

口座振替やコンビニでの支払いはできないため、クレジットカードを持っていない人は契約できません。

支払い方法が限定されている理由は、その他の支払いにかかるコストをカットして安く提供するためです。

支払いがクレジットカードのみというのは、他社も同様なので注意しましょう。

ここまで4つのデメリットを紹介していきましたが、デメリットがあるのは正直他社のWIMAXでも同じです。

デメリットがあるにも関わらずJPWiMAXの契約数が伸びているのは理由があります。

月額料金やキャッシュバックキャンペーン、オプション面ですね。

では具体的にJPWiMAXのメリットを紹介していきます。

 

JPWiMAXの6つのメリット

JPWiMAXを契約するメリットは6つあります。

  1. お得なキャンペーンがある
  2. 運営元が実績のある企業
  3. 3年間使用で料金が他社よりも安い
  4. オプションに登録する必要がない
  5. 8日以内なら違約金がかからない
  6. 契約前にレンタルサービスを利用できる

一つずつ詳しく解説していきます。

 

1.お得なキャンペーンがある

WIMAXはとにかくキャンペーンがお得です。

実際に契約した人の大半は、キャッシュバックキャンペーンを利用してお得に契約しています。

具体的にどんなキャンペーンがあるのかというと「アマゾンギフト券1万円分プレゼント」です。1万円分というと実質月額利用代金の3か月分です。

キャッシュバックキャンペーンは他社でも行っていますが、色々と条件が厳しくて受け取れるのは契約後半年から1年が多く、結局はもらえない人も多いんです。

 

JPWiMAXのアマゾンギフト券は即日受け取り可能!

契約の申し込みをすると【申し込み完了メール】が届くのですが、そのメールに案内が記載されています。

簡単な申請をすると後日メールで「コードタイプのギフト券」が送られてくるので面倒な手続きも一切ナシ!

端末を受け取った後は契約期間中ならいつでも受け取り可能なのでもらい忘れることもありません。

契約後、即日キャッシュバックを受け取れるのは現在JPWiMAXのみです。

 

2.運営元が世界で実績のある企業

JPWiMAXの運営は株式会社フォンジャパンです。ネット回線に強い会社ということで安心感があります。

株式会社フォンジャパンは世界各国の大手通信キャリアと資本提携をしていて、世界中でFonスポットのエリア拡大をしています。

  • アメリカ
  • ポルトガル
  • ベルギー
  • フランス
  • イギリス
  • ドイツ
  • ロシアなど

これらの国々と業務も提携しているので、今世界で活躍している企業と言えますね。

 

3.3年間使用で料金が安い

JPWiMAXの契約期間は3年です。(他社でも3年契約がほとんど)

通常の月額使用料金は「4,880円」です。この金額だと正直安くないですし…他社ともほとんど変わりません。

実はJPWiMAXは月額4,880円から契約年数に応じて毎月割引があります。

そのため3年間の総額がとてもお得です。

契約月 料金 割引額
1~3ヶ月目 2,800円 2,080円
4~24ヶ月目 3,500円 1,380円
25~37ヶ月目 4,100円 780円

3年間の総額は128,200円(月平均3,464円)、割引総額はアマゾンギフト券を入れて54,580円!

現在、他社の回線を使っている人は月額料金をぜひ比べてみてください。

 

4.オプションサービスに登録する必要がない

JPWiMAXは快適に使えるようにオプションも多数用意しています。しかしこれらはすべて任意。

他社の場合、勝手に有料オプションが付けられてしまうことがあります。オプションが付いていたことを知らずに毎月1,000円以上取られていた…なんてことも。

JPWiMAXは申し込み時にオプションや付属品の有無を自分で選ぶことができます。

もちろん、サポートや保証について不安だったらオプションに加入するようにしましょう。

JPWiMAXの有料付属品・オプションは4つ。

充電器…3,000円

クレードル…3,500円

端末安心サポート…月額550円

JPサポート…月額907円

充電器は購入しなければいけませんが、その他は任意で選べます。

 

5.8日以内なら違約金がかからない

「使ってみたら電波が入りにくかった…」こんな場合には、端末が届いた当日から8日以内なら無料で解約ができます。

【初回契約解除制度】と言って平成28年5月21日に法律で決められた制度で、クーリングオフとほぼ同じです。

受け取りから8日以内に問い合わせをして、すべてそのまま返却するだけなのでもしもの時も安心ですね。

もし8日を過ぎてしまうと、違約金(1年未満の場合30,000円)が掛かるので気を付けましょう。

 

6.契約前にレンタルサービスを利用できる

レンタルサービスは「自宅やカフェで電波が入るのか確認してから契約したい人」にオススメです。

レンタル料は0円!無料で7日間もお試しすることができます。

お試し可能な端末は、W05・W04の旧端末(最新はW06)。新古品ですが、電波が入るか確認するには十分なスペックの端末と言えます。

7日間使ってみてそのあとは返品するのも良し、そのまま契約するのも良し。

新しい端末と交換してもらって契約することもできます。もちろんアマゾンギフト券のキャンペーン対象です。

でも、最新機種のW06は契約できないので注意してくださいね。

 

JPWiMAXと他社のWiMAXの料金を比較

JPWiMAXは料金が安くキャンペーンがあるのは分かりましたが、他社とどのくらい差があるのか気になりますよね。

JPWiMAXの料金と大手の代理店が運営するWIMAX4社と比較してみました。(キャンペーンを利用しなかった場合の料金です)

プロバイダ 3年間の総額 3年間の平均月額
JPWiMAX 138,200円 3,735円
UQWiMAX 171,302円 4,508円
BIGLOBE 163,804円 4,311円
GMOとくとくBB 163,146円 4,293円
So-net 153,149円 4,030円

この中には3万円以上のキャッシュバックキャンペーンを行っている会社もあり、上手く利用できれば3年間の実質総額は上記の価格より安くなることもあります。

※様々な条件があり受け取れない場合が多いため、今回はキャンペーンなしの料金で比較してみました。

上記の大手代理店5社の中では、キャンペーンを利用しなくてもJPWiMAXが一番安いことがわかりますね。

 

JPWiMAXの評判を調査してみた

JPWiMAXを契約した人の口コミや体験談を集めてみました。

良い評価だけではなく悪い意見もしっかりチェックしておきましょう。

(Twitter参考)

  • JPWiMAX申し込んでから半年後に端末が送られてきた。
  • W06が在庫不足みたいでだいぶ長い間待たされてます。キャンセルを申し込みました。
  • JPWiMAX申し込んで4ヶ月経つけどまだ届かん。さすがにキャンセル。失望した。
  • 契約後に送られてきたメールのアンケートに答えるだけで、アマゾンギフト券コードネームが送られてくるよ。
  • ブラックライムの色にしたはずなのにホワイトが届いたんだけど。まぁ面倒だからこのまま使う。
  • まだ端末が手元に届いてないのにクレジットカードの利用明細に載ってた。今月届くかもわからんのに何で引き落としされてるんだ。

ツイッターでは悪い口コミが目立ちましたが、アマゾンギフト券が即日にもらえるのはやはり嬉しい特典です。

まだまだ申し込みから端末が届くまで数ヶ月かかることが予想されているので、契約する人は気をつけましょう。もちろん、いずれこの状態も改善される可能性はあります。

 

まとめ

JPWiMAXは料金や安いが端末が届くまで時間がかかる

JPWiMAXの基本情報や評判、メリットデメリットなどを紹介してきました。

2018年にサービスが始まったプロバイダですが、予想以上の契約数で端末の在庫が足りない状況が続いています。

「届くまで1ヶ月以上待ってもOK」な人にはオススメできますが、「今すぐに使いたい!1週間後には必要!」という人は避けた方がいいかもしれませんね。

アマゾンギフト券が即日もらえる点や月々の料金が安いのは良いですが、3年以内の解約には高額の解約金・端末違約金がかかるのでよく考えて契約するようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました