LINEモバイルのメリットとデメリットを知って賢く乗り換え!料金プランや速度の評判は?

格安SIM

格安SIMの中でも人気のLINEモバイル。メッセージアプリのLINEでもお馴染みの企業が運営しています。

毎月のスマホ料金が安くなるのは嬉しいけど、本当に契約しても大丈夫なのか心配な人も多いはず。

「格安SIMに乗り換えたいけど正直よくわかんない…」

「LINEモバイルって評判はどうなの?特徴を知りたい!!」

そんな悩みを抱えている人に、LINEモバイルの5つのポイントについて解説していきます。

  1. LINEモバイルの特徴
  2. LINEモバイルのメリット
  3. LINEモバイルのデメリット
  4. LINEモバイルの料金
  5. LINEモバイルの評判

LINEモバイルに変更すると毎月の料金を2,000円以内に押さえることが可能ですが、すべてのユーザーが「LINEモバイルに乗り替えて大満足!!」しているわけではありません。

格安SIMにはメリットとデメリットがありますから、いつもあなたがスマホを何のために使っているか?という視点が重要です。

ぜひ、この記事で「LINEモバイルは自分に合っている格安SIMなのか」判断してみてくださいね。

 

LINEモバイルの特徴

SNSのデータフリーが魅力的

LINEモバイルはメッセージ交換アプリ【LINE】の会社が運営する格安SIM。

(他社の回線を借りて運営しているためMVNOとも言います)

LINEモバイルの魅力は何といってもSNSのデータが使い放題という点です。

SNSし放題ってビックリですよね。

データフリーの対象となるSNSは5つあります。

  1. LINE
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. Instagram
  5. LINEミュージック

基本的な閲覧やメッセージのやり取りはデータ消費がゼロなので使い放題!

LINEモバイルを契約する人のほとんどは、この【データフリー】が目的と言っても過言ではありません。

でも、LINEモバイルのメリットはこれだけではありません。

他にも嬉しいメリットがいっぱいあるんです。

 

LINEモバイルの5つのメリット

LINEモバイルのメリットを5つ紹介します。

  1. SNSのデータが使い放題
  2. 余ったデータを翌月に繰り越せる
  3. クレジットカードがなくても契約できる
  4. LINEのID検索・年齢認証ができる
  5. フィルタリングサービスがある

LINEモバイルのメリットを5つ詳しく説明していきます。

1.SNSのデータが使い放題になる

LINEモバイルの最大の魅力であるSNSのデータフリー!

大手3大キャリア(Softbank、docomo、au)で毎月20G、30G、50Gプランを使っていた人は、SNSでデータを消費していた人も多いはず。

代表的なSNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINEミュージック)が使い放題になるのは最高のメリットですね。

Instagramはとくに画像がメインなのでデータの消費量が多くなります。

LINEもメッセージのやり取りや無料通話だけでなく、テレビ電話もデータ消費がゼロ!毎日使ってもずっと無料で済みます。

※データフリーにYouTubeは対応していないので注意してください。

 

2.余ったデータを翌月に繰り越せる

LINEモバイルでは、各月に余ってしまったデータ容量(GB)をそのまま翌月へ繰り越すことができます。

大手キャリアでは当たり前にできたデータの繰り越しですが、格安SIMの場合はデータの繰り越しが出来ないSIMもありますからね。

たとえば、5Gプランで契約しているけど今月は3Gしか使わなかった…。もし余ってしまってもデータは消えることなく翌月に繰り越されるので、損することはありません。

 

3.クレジットカードが無くても契約できる

格安SIMは基本的にクレジットカード払いしかできない会社も多いです。

口座の引き落としやコンビニでの支払いに対応していないので、クレジットカードを持っている人しか契約ができないケースがあります。

しかし、LINEモバイルではクレジットカード払い以外に【LINEペイカード】で支払いをすることが可能。

LINEペイカードとは、LINEのアプリから簡単に申し込んで作ることができるプリペイドカードです。(SuicaやPASMO、ナナコと同じくチャージ式のカードと同じです)

LINEペイカードを購入し、そのカードにチャージをして毎月のスマホ代の支払いをすることができます。チャージはコンビニで簡単にできますよ。

 

4.LINEのID検索・年齢確認ができる

従来の格安SIMでは、ほとんどの会社がLINEのID検索ができません。

遠くに住んでいる友達とLINEでつながりたい場合に、IDで検索し友達になることができないのは面倒…という人もいます。

たとえばマッチングアプリを使っている人は、遠くに離れている相手とLINEの交換ができないのは不便だったりします。

でも、LINEモバイルならID検索が可能!これぞLINEの会社が運営している特権です。

 

5.フィルタリングサービスがある

フィルタリング機能は子供にスマホを持たせたい人に嬉しいメリットです。

最近では小学生からスマホを持っている子も増えていますが、心配なのが有害サイトへのアクセス。

【i-フィルター】というフィルタリングサービスがあり、通常は3年間で1万円ほどかかりますが、LINEモバイルなら無料で利用できます。

i-フィルターは不正なサイトにアクセスできないようにするサービスでPTAからも推奨されています。

スマホを使える時間を制限したり、ウェブサイトの閲覧を制限することができるとても便利なサービスです。

LINEモバイルは子供のスマホデビューにも安心ですね。

 

では、次にデメリットを紹介していきます。

 

LINEモバイルの3つのデメリット

LINEモバイルは顧客満足度の高い格安SIM(格安スマホ)ですがデメリットもあります。

代表的なものが以下の3点。

  1. 速度が遅くなる時がある
  2. 高速・低速の切り替えができない
  3. 実店舗がない

格安SIMを使う上で、仕方のないデメリットもあります。

一つずつ解説してきますね。

 

1.速度が遅くなる時がある

大手3大キャリアの回線を借りて運営しているのが格安SIMです。

LINEモバイルではドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの回線から自分で選んで契約することができます。

自分の住んでいるエリアで一番電波の良い回線を選ぶのがいいですね。

※電波の状況は公式サイトで確認することができますよ。(選ぶ回線によって料金が若干変わるので気を付けてください)

大手キャリアの回線を借りているので、ネットが混み合う時間帯は速度が遅くなりやすいです。

たとえば、お昼休み(12時~13時)、夜(20時~22時)はネットを使う人が増えるため格安SIMでは、ある程度の制限がかかってしまいます。

自宅や職場にWi-Fiがある人は気にする必要はありませんが、通信が遅くなるのが困るという人にはつらいかもしれません。

格安SIMでも速度でストレスを感じたくない!という方にはUQmobileがおすすめ!

>>【速度が最も速い格安SIM】UQmobileの詳細はこちら

 

2.高速・低速の切り替えができない

他社では「高速モード」「低速モード(データ消費なし)」を自分で切り替えることができますが、LINEモバイルでは変更できません。

もし毎月のデータ容量を使いきってしまったら、速度制限が発生するのでネットの閲覧に時間がかかります。

※制限がかかってもデータフリーの5つのSNSなら高速通信は変わりません。SNSをメインで使う人なら問題はないですね。

 

3.実店舗がない

LINEモバイルには実店舗がありません。

「え、じゃあどうやって契約するの?」と不安な人も多いと思いますが、すべてネットから申し込みが可能。

もし分からないことがあれば、電話やチャットで素早く対応してくれます。

「やっぱり店舗で直接店員さんに教えてもらいたいな…」という人は、LINEモバイルは専門の店舗がないので注意が必要です。

ちなみに店舗数が多い格安SIMはUQmobile、Y!mobileです。

 

それでは、次にLINEモバイルの料金について説明していきます。

 

LINEモバイルの料金は月額300円~

LINEモバイルの料金プランは、月額300円~設定されています。

これまで毎月1万円前後の携帯代を支払ってきた人には信じられないですよね。

LINEモバイルは3つのプランから選ぶことができます。まずは自分にはどのプランが向いているのか確認します。

プラン名 特徴
LINEフリー
  • LINEアプリのみ消費データゼロ
  • 月間データ量は1Gのみ
  • 子供に持たせる人におすすめ
  • 使うのはLINEだけで十分
  • 電話番号はなくてもいい
コミュニケーションフリー
  • 一番人気のプラン
  • 4つのSNS(LINE、Instagram、Twitter、Facebook)がデータフリー
MUSIC+
  • 5つのSNSがデータフリーで使える
  • 音楽サービスを使いたい

3つのプランごとの料金をまとめておきました。

 

LINEフリーの料金

【LINEフリー】のプランはすべて「1GBのみ」なので注意してください。

データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
500円 620円 1,200円

 

コミュニケーションフリーの料金

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

 

MUSIC+の料金

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

※通話料は基本は30秒につき20円かかります。

 

もし通話をたくさんする人は、有料(850円)で【電話かけ放題】のオプションを追加するのもありですね。

 

では、最後にLINEモバイルを使っている人の評判を見てみましょう。

 

LINEモバイルの評判を調査してみた

LINEモバイルを使っている人の評判や感想も気になりますよね。

通信速度やサポートなどにユーザーは満足しているのでしょうか?

参考になる体験談だけを集めてみました。

  • ポケットWi-Fiを持っているので1Gプランで十分。支払いはたったの780円。満足です。
  • お昼休みは通信速度が遅くなるけど我慢できるレベルです。
  • LINEモバイルでもドコモ回線とソフトバンク回線では速さが違う気がする。ソフトバンクの方が速いかも。
  • 山奥でも電波は入りました。LINE電話が少し途切れたりもするけど大きな問題ではありません。
  • 携帯代が6,000円安くなりました!デメリットは何もありません。
  • 問い合わせてみたけどマニュアル通りの回答で何も解決しなかった。

料金面は満足しているけど、速度が遅くなるのを気にするユーザーの声が見つかりますね。

ただ、ほとんどの人が不自由なく使えているようです。

 

LINEモバイルが向いている人と向いていない人

評判を調べてみると良い意見が多いですが、ごく一部悪い口コミもありました。

もう一度、自分の求めているサービスがLINEモバイルにあるかチェックしておきましょう。

LINEモバイルが向いている人
  • LINEやInstagramができれば満足
  • 速度が遅くなっても我慢できる
  • 自宅や職場にはWi-Fiがある
  • 電話はあまり使わない
  • 子供に持たせる初めてのスマホ
LINEモバイルが向いていない人
  • 速度が遅くなるのは耐えられない
  • 自宅や職場にWi-Fiがない
  • 店舗でしっかりと説明を受けたい

自分の「目的にあった格安SIMなのか」しっかり判断してくださいね。

 

まとめ

LINEモバイルはSNSをよく使う人におすすめ

ここまでLINEモバイルについて基本的な情報をまとめていきました。

総括するとLINEモバイルは、LINEやInstagramなどSNSを毎月たくさん使っている人に向いている格安SIMだといえます。

5つのSNSがデータフリーで使える格安SIMは他にありませんからね。

でも、通信速度の速さや、店舗でのサポートを重要視するなら【UQモバイル】や【Yモバイル】も検討してみる価値はあります。

ぜひ、あなたに合った格安SIMを見つけてみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました