OCNモバイルONEの評判は?格安SIMの特徴やメリットを紹介します

格安SIM

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。

OCNといえばプロバイダや光回線のイメージが強いですが、最近は格安スマホ事業にも力を入れています。

大手でネット回線に強い会社ということで安心感があるMVNOといえますね。

また、OCNの光回線【OCN光】を使っている人は割引特典を受けられたりもします。

もちろんOCN系のサービスを使っていない人でも、ONEを使う価値は色々あります。

この記事では、OCNモバイルONEの特徴や評判、メリットやデメリットなど調査した結果を紹介します。

「OCNモバイルONEは自分に合った格安SIMなのか?」気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

OCNモバイルONEの特徴

運営元のNTTコミュニケーションズは、ネット回線業界で20年以上もトップを走り続けている知名度バツグンの企業です。

OCNモバイルONEはdocomo回線を使っているので、docomoユーザーにおすすめの格安SIMです。

softbankやauユーザーでも乗り換えることはできますが、”SIMロック解除”が必要なので注意してください。

OCNモバイルONEで人気なのが【Musicカウントフリー】というサービス。

どれだけ音楽をダウンロードしてもフリー(無料)でOK。これでデータ容量と毎月の料金も安く抑えられます。

選べる料金プランも豊富なの詳しく紹介していきます。

 

OCNモバイルの料金プランの特徴

日単位と月単位でプランを選べる

OCNモバイルONEでは、以下2つのプランを自由に選べます。

  1. 日単位プラン
  2. 月単位プラン

この料金システムは他の格安SIMにはありません。

では、「日単位プラン」と「月単位プラン」の違いを説明していきますね。

 

1.日単位プランとは

その名の通り、1日に使える通信容量(データ容量)が決まっているプランです。

1日の消費データは「110MB」と「170MB」の2パターンから選ぶことができます。

一日のデータ容量 音声SIM SMS付きSIM データSIM
110MB 1,600円 1,020円 900円
170MB 2,080円 1,500円 1,380円

 

  • 音声SIM…今の番号を引き継げる・通話・ネットすべて可能
  • SMS付きSIM…通話ができない・アプリゲームやラインが可能
  • データSIM…通話ができない・ネット閲覧とメールのみ可能

たとえば、110MBあると「サイト閲覧約75ページ+LINE約100往復+メール約50通」が可能です。

動画を視聴すると一気にデータが消費されるので、頻繁にYouTubeを見ることはできません。

もし容量を超えてしまった場合には、速度制限がかかりますが翌日には解除されるので、ネットを使わない人に向いているプランだといえます。

ネットを使う頻度が少ない人にとっては、月単位プランより確実にお得です。

 

2.月単位プランとは

他のSIMでもおなじみの一般的な料金プランで、月ごとに使える容量が決まっています。

データ容量は3~30Gまで選べます。※格安SIMで30GBの大容量を選べる会社は少ないです。

データ容量 音声SIM SMS付きSIM データSIM
3G 1,800円 1,220円 1,100円
6G 2,150円 1,570円 1,450円
10G 3,000円 2,420円 2,300円
20G 4,850円 2,270円 4,150円
30G 6,750円 6,170円 6,050円

もし、データ容量が余っても翌月に繰り越せます。

逆にデータ容量が足りなかった場合には、いつでも購入することができるので安心してくださいね。

プランは毎月変更できるので「今のプランは自分に合わないな…」と感じたらすぐに変えればOK。

 

初期費用はいくらかかるの?

OCNモバイルONEは、契約時にかかる初期費用が2つあります。

  1. 手数料…3,000円
  2. SIMカード…394円

もし今使っている電話番号をそのまま引き継ぐ場合は、現在の会社から転出するための手数料が3,000円かかります。

解約金がかかる場合は、さらに1万円前後がプラスされます。

 

OCNモバイルONEのおすすめポイント(メリット)

OCNモバイルONEのメリットは6つ。

  1. 対象の音楽が通信料0で楽しめる
  2. 低速でも快適に使える【バースト機能】がある
  3. 電話をたくさんかける人でも安心3つのかけ放題がある
  4. サポート体制が整っている
  5. 無料Wi-Fiスポットが多い
  6. 解約もネットで簡単にできる

OCNモバイルONEならではのメリットを1つずつ紹介します。

 

1.対象の音楽サービスが通信料0で楽しめる

OCNモバイルONEには【MUSICカウントフリー】というサービスがあります。

追加料金なし&設定不要で誰でも簡単にはじめることができます。

対象の音楽サービスは9種類あります。

  1. amazonmusic
  2. ANIUTA
  3. AWA
  4. dヒッツ
  5. Googleplay Music
  6. LINE MUSIC
  7. Rec Music
  8. Spotify
  9. ひかりTVミュージック

毎日音楽を聞く人は、データ容量もあっという間に消費されますよね。

MUSICカウントフリーなら、ダウンロードにかかる通信が抑えられるので安心です。

 

2.低速でも快適に使える【バースト転送機能】がある

【バースト転送機能】とは、低速になっても最初の一定量は高速で通信できる機能です。

一般的に速度制限がかかったら、ちょっとしたサイトを読み込むだけでも数十秒かかるのがじれったいですよね。

でも、バースト機能さえあれば同じサイトでも素早く読み込むことができます。

速度制限がかかったとしても、Twitterやテキスト中心のウェブサイトなら通信を遅く感じることはほぼないでしょう。

さすがに動画やInstagramなどの画像メインのサイトだと、表示速度は遅く感じてしまいますが。

 

3.電話をたくさんかける人でも安心3つのかけ放題がある

OCN電話アプリをダウンロードし、アプリを通して電話をかければ30秒10円で通話をすることができます。

それでも5分かけたら100円、1時間かけたら1,000円かかりますよね。

もし、あなたが毎月35分以上電話をかけるなら【かけ放題】のオプションを付けた方がお得です。

OCNモバイルONEには3つのかけ放題があり、たくさん電話をかける人は自分に合ったものを選べば通話代を節約することが可能です。

10分かけ放題 月額850円で国内通話1回10分以内なら誰とでも0円になる。回数は無制限。
トップ3かけ放題 月額850円でその月の国内通話料が上位3番号の通話が0円になる。事前設定なし
かけ放題ダブル 月額1,300円で、10分以内の通話が0円、かつ通話料が上位3番号の通話が0円になる

※これはOCN電話アプリを使って電話をしないと適用されないので注意しましょう。

 

4.マイポケット機能でスマホの容量不足が解消できる

【マイポケット】とは、NTTコミュニケーションズが運営するオンラインストレージサービスです。

画像や動画を本体に保存しておくと、容量がいっぱいになって困ることがありますよね。

マイポケットは128Gの大容量保存ができるので、どんなデータでもバックアップしておくことができます。

月額300円かかりますが、それでも128Gとかなりの大容量。パソコンからもアクセスが可能です。

 

5.無料Wi-Fiスポットが多い

OCNモバイルONE利用中であれば誰でも無料でWi-Fiスポットを使えます。

WP2方式で暗号化にも対応したWi-Fiが全国に87,000か所以上に設置されています。

初回IDとパスワードを設定するだけで、全国のWi-Fiスポットで自動でつながり、大容量の通信もサクサク動きます。

(セキュリティーを重視しているので、安心してつなぐことができます)

設置されているのはカフェやファミレスなど幅広いです。

  • スターバックス
  • セブンイレブン
  • ロッテリア
  • タリーズ
  • イトーヨーカドー
  • モスバーガー など

Wi-Fiが気軽に使えれば、データの節約にもなるので嬉しいですね。

 

6.解約もネットで簡単にできる

「OCNモバイルONEを解約したい!」という人は、ネットから簡単に手続きできます。

最低でも6か月使えば、違約金は一切かかりません。

※6ヶ月未満の解約だと8,000円かかるので注意しましょう。また日割はできないので解約は月末の方が損することはありません。

SIMは返却しないといけないので捨てないようにしてください。

 

OCNモバイルONEの注意したいポイント(デメリット)

OCNモバイルのデメリットは以下の4つです。

  1. 実店舗が少ない
  2. 通信速度は速いとは言えない
  3. 基本料金は他社と比べると少し高い
  4. キャンペーンが少ない

デメリットは気になる人も多いはず。詳しく解説していきます。

 

1.実店舗が少ない

OCNモバイルONEはビックカメラやコジマ、ヨドバシカメラの中にカウンターを構えています。

このカウンターでは、SIMの新規契約や乗り換えたい人をメインに対応してくれます。

裏を返せば、au、docomo、softbankのようなサポートまですべて相談できる実店舗はないということ。

地域によってはOCNのカウンターそのものがない地域もあるので、直接スタッフに相談することはできません。

カウンターがないので、OCNモバイルONEでサポートを受けるには、電話やチャットを使う必要があります。

 

2.通信速度は速いとは言えない

格安SIMなので速度の遅さは仕方ない面もあります。

特にお昼12時~13時のランチタイム、通勤や通学の時間帯に遅くなりやすい傾向があります。

OCNモバイルONEはdocomo回線を借りて運営してますが、docomoの回線は利用者が多いため通信速度は遅いと言われています。

格安SIMのほとんどがdocomoの回線なのですが、最近ではauやsoftbankの中から選べる会社も増えています。

バースト転送機能が付いているので、シンプルなサイトの閲覧なら問題ありませんが、急いで調べ物をしたいときやマップを使いたいときはイライラするかもしれません。

 

3.基本料金は他と比べると少し高い

大容量の30Gまで選べるのは嬉しいのですが、結局30Gを選ぶと料金は6,000円以上かかります。

家族割もなく、大きな割引はありません。

割引といえば、OCN光を使っている人は基本料金は毎月200円引きになります。

またSIMカードを追加して家族に使ってもらえばデータをシェアするは可能ですよ。

 

4.キャリアメールがない

大手3大キャリアでは当たり前に使えていたメールアドレスが、OCNモバイルOCNにはありません。

もし、メールが必要な人はフリーメールアドレスを取得しましょう。

GメールやYahoo!メールなら無料でいくつもアドレスを作ることができますよ。

 

OCNモバイルONEの評判や口コミを調査してみた

  • バースト機能のおかげで、低速でもそれほど遅く感じません。
  • ほぼストレスなく使えて以前より料金も半分になったので満足します。
  • 昼や夕方は遅い。Wi-Fi環境がある人には向いてると思う。
  • 月額も安くオプションもそろってるのでサイコー。
  • 050plusアプリを使っていて通話が安い!通話品質も問題なし。
  • 最初の設定は簡単で難しいことはない。

口コミをみると満足している体験談がほとんどです。

通信速度に関しては不満の声もありますが、月額の安さを考えると皆さん納得されています。

もし「速度が遅くなるのは耐えられない!」という人は、UQモバイルかY!mobileの方が満足度は高いかもしれません。

格安SIMの中でも1位2位を争う速さになっています。

>>UQモバイルの特徴や評判をみてみる

>>Y!mobileの特徴や評判をみてみる

 

まとめ

OCNモバイルONEは大手運営会社で信頼できる格安SIM!

OCNモバイルONEの評判は良好ですし、NTTコミュニケーションズが運営している格安SIMということで安心して使うことができます。

それに【MUSICカウントフリー】や【3つのかけ放題】など珍しい機能もたくさんあり、音楽をたくさん聴く人や電話をよくする人に向いている格安SIMです。

ただし、どうしても通信速度に関しては遅くなるので、それでもあまり気にならない人やネットを頻繁に使わない人に向いているといえます。

実際に使ってみた感触では、UQモバイルやワイモバイルの方がストレスなく、安くお得に使えると思います。

OCNモバイルONEが気になる方は、公式HPを是非チェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました