楽天モバイルの料金と通信速度を徹底調査!メリットデメリットまとめ

格安SIM

毎月のケータイ料金を安く済ましたいなら、格安SIMに乗り換えるのが最短ルート。

格安SIMといえばUQモバイルやY!mobileなど色々ありますが、楽天モバイルもユーザー数を増やしている人気のMVNOの1つです。

毎月の利用額で楽天ポイントも貯まり、支払いまで楽天ポイントで済ませることができます。

特に楽天カードを持っている人なら、最もお得な格安SIMと言っても過言ではありません。

現在10,000円前後かかっているケータイ代を2,000円以内に抑えることも可能です。

でも、もちろん注意するべき点もあります。

「イメージしていたのと違う」

「こんなこと聞いてない」

契約してから後悔しないために、基本情報はしっかりと確認しておきましょう。

この記事では楽天モバイルの料金や通信速度、メリットやデメリットなどをまとめているので、「楽天モバイルはあなたに合った格安SIMなのか?」ぜひ判断してみてくださいね。

 

楽天モバイルとは楽天グループが運営する携帯事業

楽天モバイルは、【楽天モバイル株式会社】が運営しているMVNOです。

補足:MVNOとは、自社回線を持たずに他社の回線を借りてサービスを行っている事業のことです。一般的に格安SIMと言われています。

誰もが知っている通販サイト「楽天市場」と同じ楽天グループということで知名度も抜群です。上場企業ということで安心感もありますね。

今は他社の回線を借りていますが、2019年10月に自社回線を持つことが予定されています。そのため、ソフトバンク・au・ドコモに続いて第4のキャリアとなります。

【格安SIM=料金が安い】というイメージは皆さんあると思いますが、楽天モバイルはその中でも特に安いと言われています。

実際どんな料金プランがあるのか解説していきます。

 

楽天モバイルの料金プランは大きく2つ

楽天モバイルの料金プランは2つあります。

  1. スーパーホーダイ
  2. 組み合わせプラン

一体何が違うのか?無駄に料金を払わないためには、自分のケータイを利用頻度に合わせてプランを選ぶことが大切です。

楽天モバイルは選べるプランがかなり細かいため、しっかりと確認しておきましょう。

 

楽天モバイルの【スーパーホーダイ】とは

スーパーホーダイとは、通話とデータ通信がセットになったプランです。通話は1回10分が無料なので、こまめに電話を使う人はスーパー放題がおすすめ。

プランは4つあり、必要なデータ(ギガ)数に合わせて選ぶようにしてください。

※最低利用3年間のうち2年間の料金です。ドコモ回線を利用している人限定で選べるプランとなります。

データ数 基本料金

(楽天会員の場合の料金)

S 2G 2,980円

(1,480円)

M 6G 3,980円

(2,480円)

L 14G 5,980円

(4,480円)

LL 24G 6,980円

(5,480円)

すべての通話は10分以内であれば無料となります。

(10分を過ぎた場合は、30秒につき10円かかるので注意です)

データ(ギガ)容量をオーバーした場合には、速度制限はかかりますがネットを使い続けることは可能です。

LINEやメールくらいは制限がかかっても、速度を気にせずサクサク使えます。

基本料金はそこまで安くないように見えますが、楽天会員には大きな割引特典があります。

 

最もお得な割引が受けられるのはダイヤモンド会員

楽天カード会員のランクが【ダイヤモンド会員】の人は、楽天会員の料金からさらに1年間は500円割引になります。

たとえばSプランなら1年間は980円で、

2年目からは1,480円で使うことができます。

これなら1回のランチ代くらいで、1ヶ月分のスマホ代をやりくりできますね。

また楽天の割引はありませんが、大容量の組み合せプランも魅力的。

 

②楽天モバイルの【組み合わせプラン】とは

組み合わせプランは、大容量のデータ数が必要な人や電話をしない人におすすめのプラン。

まず料金を確認する前に、組み合わせプランは3種類あります。

  1. 通話SIM
  2. データSIM(SMSあり)
  3. データSIM(SMSなし)

そもそもSIMとかSMSって何なの?という人もいるはずなので簡単に説明します。

※SIMとはスマホやタブレットの中に入っている小さなカードのこと。

カードの中には契約者の情報やデータが入っており、SIMカードがないと電話やネット通信ができません。つまり、楽天モバイルには上記の3種類のSIMがあるわけです。

※SMSとはショートメッセージサービスのこと。

電話番号さえあれば、短いメッセージのやりとりができます。LINEやゲームなどのアカウントを作る際(初期設定の時)の登録認証に必ず必要です。

3種類のSIMの特徴(メリットやデメリット)をまとめてみました。

種類 特徴
通話SIM
  • 今の電話番号をそのまま使える
  • SMSが使える
  • 通話、ネット、アプリ全部できる
データSIM(SMSあり)
  • 通話ができない
  • 110番や119番ができない
  • ネット、アプリができる
  • SMS認証ができる
データSIM(SMSなし)
  • 電話ができない
  • 110番、119番ができない
  • SMS認証ができない
  • データ通信のみ

まずは自分に必要なSIMの種類を選びましょう。

それぞれ料金も異なります。

通話SIM データSIM

(SMSあり)

データSIM

(SMSなし)

ベーシック 1,250円 645円 525円
3.1G 1,600円 1,020円 900円
5G 2,150円 1,570円 1,450円
10G 2,960円 2,380円 2,260円
20G 4,750円 4,170円 4,050円
30G 6,150円 5,520円 5,450円

※通話料は30秒につき20円かかります。

一番安い【ベーシックプラン】はデータ無制限でネットをつなぐことができますが、他のプランに比べると速度は遅くなります。

LINEやメールしかしない人には向いているプランですね。

 

結局おすすめの料金プランはどっち?

基本的に「通話をたくさんするかしないか」でプランを選ぶのがおすすめです。

スーパーホーダイ
が向いている人
  • 10分以内の電話をたくさんする人
  • 楽天カードのダイヤモンド会員
  • 2年以上使う予定の人
組み合わせプラン
が向いている人
  • 電話はあまりしない人
  • LINEアプリの電話で十分な人

どちらも特徴があるので、あなたのライフスタイルに合わせて選んでみましょう。

ちなみに楽天モバイルの公式サイによると、8割以上の人がスーパーホーダイを選んでいるみたいです。

 

楽天モバイルの通信速度早い?遅い?

楽天モバイルは標準設定が高速データ通信モードなので、ストレスを感じることなくスムーズにネットを使えます。

YouTubeも止まることはありませんし、スカイプやLINE電話も問題なくできます。

 

データ(ギガ)を使い切った後の通信速度

気になるのは、各プランで決められているデータ量を使いきった後の速度ですね。

スーパーホーダイプランであれば、データを使い切った後でも最大1Mbpsで使い続けることができます。

「どっちみち遅くなるんでしょ?」と思いますが、これは一般的な格安SIMの速度制限時よりも5倍ほど速い速度です。

そのためギガを使いきってしまっても追加せずに使っている人がほとんどです。

しかし、ネット回線が混雑する時間帯は最大で300kbpsまで遅くなってしまいます。

具体的に遅くなる時間帯はいつなのかまとめてみました

 

速度が遅くなる時間帯

ネット回線が込み合う時間帯はどうしても繋がりにくくなります。

昼:12時~13時

夜:18時~19時

公式で発表されているのは一般的に、昼休みの時間と帰宅の時間帯です。

(楽天モバイルの口コミの中には、夜ご飯の後22時前後も繋がりにくいという意見もある)

LINEやメールなどのメッセージのやり取りは全く問題ありませんが、容量が重いアプリは繋がりづらくなります。

2019年10月には楽天モバイルの自社回線ができるということで、速度に関しては今後あまり心配する必要はなさそうです。

次に、楽天モバイルのメリットとデメリットを紹介します。

 

楽天モバイルの8つのメリット

大手3大キャリア(Softbank、docomo、au)から乗り換える人はもちろん、他社の格安SIMから楽天モバイルに切り替える人も多いです。

その理由は、楽天モバイルには8つのメリットがあるからです。

  1. 料金が月々1,480円~と格安
  2. 楽天ポイントがたまる
  3. 余ったデータは翌月に繰り越せる
  4. 料金プランの選択肢が多い
  5. 支払い方法を選択できる
  6. データの節約モードがある
  7. 10分以内の通話はかけ放題
  8. iPhone/Androidをそのまま使える

ひとつずつ詳しく解説していきます。

 

1.料金が月々1,480円~と格安

楽天モバイルは楽天会員ならとてもお得!

新しくできたスーパーホーダイ(2G)契約なら楽天会員の人は1,480円、ダイヤモンド会員なら980円と安いです。

これは大手キャリアでは考えられない料金です。

データ量はプランによって決められていますが、使いすぎてもネット通信はできます。通信速度は若干おそくなりますが、LINEやメールは問題なくできます。

 

2.楽天ポイントがたまる

楽天カードで毎月のケータイ代を支払うと、通常の2倍のポイントが付きます。

たとえば1,480円が毎月の支払い額だとすると、合計で296ポイントがもらえます。毎月の固定費で2倍の楽天ポイントが付くのは、他の格安SIMにはないシステムです。

 

3.余ったデータは翌月に繰り越せる

楽天モバイルでは、使えずに余ったギガは翌月に繰り越せます。

毎月の使用データ量は、専用のアプリ【楽天モバイルSIMアプリ】で一目でわかるようになっています。

※他の格安SIMにはデータの繰り越しができない会社もあり。

また繰り越しだけではなく、ギガが足りなくなったときはMアプリから簡単に追加購入することもできます。

 

4.料金プランの選択肢が多い

楽天モバイルの料金プランは20個以上の中から選ぶことができます。

学生や社会人、シニアの人…それぞれスマホの利用目的は違いますよね

自分にライフスタイルに合わせたプランを選ぶことで、無駄のない料金プランを選ぶことができます。

通話をほとんどしない人は毎月1,000円以内、YouTubeを毎日見る人は30Gのデータが付いて6,000円以内に抑えることも可能です。

 

5.支払い方法を選択できる

格安SIMはクレジットカード払いしかできない会社も多いのですが、楽天モバイルは4つの支払い方法から選ぶことができます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天スーパーポイント

クレジットカードを持っていない人でも安心です。

 

6.データの節約モードがある

楽天モバイルのデータ通信は基本は【高速モード】になっています。

画像の表示や動画もサクサク動いてストレスはありませんが、当然ギガはどんどん減っていきます。

データの消費を少しでも抑えたい場合は、高速モードを手動でオフにすればOK。(専用アプリから簡単に管理できます)

楽天モバイルの場合、高速モードをオフにしても通常1Mbpsは出るので、口コミでは「節約モードにしても不便なく使える」という人がほとんどです。

 

7.10分以内の通話はかけ放題

スーパーホーダイのプランで契約した人は10分以内の通話は無料です。

ちょっとお店の予約を取りたいとき、取引先に電話したいとき、実家の家電にかけたいときなど、料金がかかることがないので気兼ねなく電話できます。

ちなみに通常だと30秒で20円かかります。5分かけたら200円。これは大きな差…。

 

8.iPhone/Androidをそのまま使える

大手キャリアで購入したiPhoneやAndroidをそのまま使いたい人も多いですよね。

たしかに格安SIMに乗り換えると、今使っているiPhoneやAndroidを使えなくなる場合もあります。でも、楽天モバイルはiPhone6以降の端末やAndroidをそのまま使えます。

ただし格安SIMへ乗り換える際には「SIMロック解除が必要な場合もある」ので、あなたのスマホが対応している端末かどうかは事前に公式サイトで確認してみてくださいね。

>>楽天モバイルの公式サイトで端末をチェックする

 

楽天モバイルの3つのデメリット

楽天モバイルのメリットを紹介しましたが、デメリットもあるのでしっかり押さえておきましょう。

  1. 楽天アプリから電話をかけないと無料にならない
  2. 通信速度が遅い時間帯がある
  3. 店舗は多いが修理はできない

1つずつ確認していきますね。

 

1.楽天アプリから電話をかけないと無料にならない

スーパーホーダイで契約すると、10分以内の通話が何回でも無料になりますが、【楽天でんわアプリ】を使わないといけません。

アプリを使って通話しないと、通話料がかかってしまいます…。

「これってLINEの無料電話と一緒じゃないの?」と思いますが、LINE電話とは仕組みが少し違います。

LINEはネット回線を使って電話をしますが、楽天でんわは電話回線を使用しています。そのため、音質はとてもクリアで聞き取りやすいです。

ただ、慣れるまでは少し面倒ですね。

 

2.通信速度が遅い時間帯がある

楽天モバイルはギガ数を使い切っても無制限でネットは使えます。

ただし、通信速度は遅くなります。

ネットが込み合う時間帯(12時~13時、18時~19時)は、どうしても繋がりにくくなります。この時間帯は、読み込みが遅くなり少しストレスを感じてしまうかもしれません。

「ゲームアプリがなかなか立ち上がらない」「グーグルマップが表示されない」との口コミもあるので注意が必要です。

午前中や夕方、深夜であればストレスなくネットはできます。

 

3.店舗は多いがその場で修理はしてくれない

楽天モバイルの実店舗では、契約がメインなので本体が壊れてしまっても直接修理はしてくれません。

修理の受け付けは、楽天モバイルの公式サイトの店舗一覧の【修理・交換】のマークが付いているお店のみで可能。

ただし修理には数日かかります。

また修理は「保証に入っている人のみ対応可能」なので、心配な人は月々500円の有料プランに入っておきましょう。

 

まとめ

楽天ダイヤモンド会員なら絶対おすすめの格安SIM

楽天モバイルは楽天カードを持っている人(ダイヤモンド会員)におすすめの格安SIMです。

会員の人はそれだけで月額の使用料金が安くなりますし、楽天スーパーポイントで支払いを済ますこともできるため、実質ゼロ円で使っている人も多いです。

それにデータを使いきっても無制限で使えるのも嬉しいですね。

今は時間帯によって通信速度が遅くなる場合もありますが、楽天モバイルは今後自社の回線を持つことが決まっているので、通信速度は速くなることが予想されます。

毎月のケータイ代を大手キャリアの半分以下にすることができるため、楽天会員の人にはとてもおすすめの格安SIMです。

最後に楽天モバイルが向いている人をまとめておきますね。

  • 毎月のスマホ代を2000円~3000円以内に抑えたい人
  • 楽天ポイントで毎月のスマホ代を支払いたい人

大手のキャリアのケータイ代を節約したい人はもちろん、楽天カードのユーザーは溜まったポイントでケータイ代を支払うことも可能です。

それに楽天モバイルは今後自社の回線を持つことが決まっているので、通信速度もさらに速くなることが予想されています。

気になる方は是非公式サイトからチェックして見てください。

 

タイトルとURLをコピーしました